NTT東日本フレッツ光

NTT東日本のフレッツ光についての豆知識を書きます。

NTT東日本のフレッツ光について

インターネットのプロバイダサービスや光ファイバーなどの技術などがすごく進化してきているのでちょっとついていけなくなっているのです。
でもいつまでたっても昔のままのサービスを使っているとインターネットの速度だって遅くなってしまいますし、それに料金だって高いままになってしまいますので定期的に新しいサービスについて見直しをしておいたほうが絶対にいいですよね。
だからこそ今度NTT東日本のフレッツ光について相談をしてみようと思います。
光ですのできっと今までよりもインターネット速度がすごく速いと思います、インターネットの動きが早いとストレスなくインターネットライフを楽しむことができるのがすごく有難い話ですよね。
そして周りの人の話を聞いてもなかなか良い評判を聞いているので、我が家もADSLからフレッツ光にしてみようと決意しました。
これからすごく快適なインターネットライフを実現できると考えるとわくわくしますね。

NTT東日本のフレッツ光でウィンウィン



もう何年も前だったが、実家の母がまだNTT東日本のISDNを利用していた。
私はというと、当時はモバイルWi-Fiルータなどもなく、仕事をするにも回線速度の遅さに辟易していたものだ。
家で仕事をすることは少なかったから、それほど苦労はなかったが、それでもプログラマに大きなファイルのやりとりはあるものだ。
同じNTT東日本なんだからとフレッツ光を母に勧めたのだが、料金も若干高くなるとあって、インターネットはそんなに使わないからとあしらわれて悔しい思いをしていたものだ。
ところが。
たまにしか電話しないくせに、電話をしだすと長い母。
これはいけると思った。
そう、IP電話である。
月額料金が多少上がっても、電話代まで含めれば安くなることを懇々と説明し、とうとうフレッツ光に乗り換えた。
ADSLを飛び越えてISDNからFTTHというから、それはもうその速さに感激どころか感涙ものであった。
あれから数年。
地上デジタルへの移行が騒がれる中、フレッツ光のIPv6を利用したフレッツテレビに申し込み、あっさり地デジ対策も終わってしまった。
数年越しで、フレッツ光でよかったと母に言わしめた。
もちろん、四六時中オンラインが日常的になった今、自分への恩恵も大きい。
あまり物をほしがらない母が喜んだことは、私も本当に嬉しい。
ありがとうフレッツ光。

光回線ならNTT東日本のフレッツ光



既に全国の46%のインターネット加入者が光回線を利用しているらしいです。
光回線ならNTT局からの距離は関係なくいつでも安定した通信速度でインターネットが利用できるのが人気の理由でしょう。
光回線に乗り換えを考えられているあなた、NTT東日本のフレッツ光なら、多くのプロバイダーに対応していますから、光回線に乗り換える際も、いままでのプロバイダーやメイルアドレスがそのまま使えるんです!フレッツ光申し込みと同時に手続きが行えるプロバイダーもありますから、便利ですね。
月々の利用料も今はADSLと大して変わらないのだとか。
おまけにNTT東日本のフレッツ光にはアンテナなしでBSやCSが視聴できるフレッツテレビ、通話料がお得なひかり電話のサービスをオプションで追加できます。
また、パソコンやルーター設定に自信がない人にも、フレッツ光の開通工事と同時にインターネットが利用できるセットアップのサービスもあります。
至れりつくせりのNTT東日本のフレッツ光ですね!